対面型研修とオンライン研修の違い│オンライン研修コラム

社員研修ならアイルキャリアカレッジ

アイルキャリアカレッジロゴアイルIRロゴ

アイルのオンライン研修プログラムへのお電話でのお問い合わせ 0120-147-396

アイルのオンラインプログラムへの資料請求・問合せ
eラーニングとオンライン研修の違い
働き方改革、新型コロナウイルスの影響でオンライン化が進んだ社員研修。研修効果の不安や、設備環境が整っていないなど、実施できていないケースも少なくありません。本コラムでは、オンライン研修の悩みの解決策や注意点をわかりやすくご紹介します。

eラーニングとオンライン研修の違い

eラーニング・・・・・インターネットを経由した学習。学習コンテンツは多種多様で、パソコンだけでなく、スマートフォン、タブレットなどのモバイル端末でも受講可能。大人数に同じ知識を習得させる、時間も場所も制限なく、各自のペースで受講ができるなどのメリットがある。また、運営側の負荷が少なく、導入しやすいのも特徴。
オンライン研修・・・講師と受講者がWEB会議システムなどを用い、オンライン上で行う研修。インターネット環境、パソコン、WEBカメラ、マイクなど最低限の準備は必要だが、研修会場の準備は不要であり、全国どこからでも参加が可能。移動時間・移動費用も最小限にできる。

上記をふまえ、eラーニングとオンライン研修の違いは「目的」です。

「目的」の違い

eラーニングの目的は、知識習得と情報共有です。
インターネットを経由した学習の為、端末を選ばず、時間も場所も制限なく、各自のペースで受講が可能です。例えば、ExcelやPowerPointといったOAスキルの習得には非常に適しており、苦手な部分を反復して受講し、知識を習得することが可能です。また、コンプライアンスや情報セキュリティなど多くの社員に均一の情報共有がしたい場合には非常に有効です。

一方でオンライン研修の目的は、アウトプットを中心とした知識の定着化です。
対面型研修でもいえることですが、講師と受講者だけでなく、受講者同士がアウトプットを中心とした双方向のコミュニケーションを行うことで、頭の中が整理され、多くの気付きを得ることができ、知識が定着化します。また、研修内容の疑問については、その場で講師に質問し解消することが可能です。

最近では、予習、復習はeラーニングで学習し、グループディスカッションやワークを含めた講義はオンライン研修で行い、知識の定着化を図るなど、eラーニングとオンライン研修を組み合わせて実施する企業も増えています。

それぞれの特徴をふまえ、目的によって使い分けることをお勧めします。