新入社員がコンプライアンスを率先垂範するようになる教え方│新人研修コラム

社員研修ならアイルキャリアカレッジ

アイルキャリアカレッジロゴ

アイルの新人研修プログラムへのお電話でのお問い合わせ 0120-147-396

アイルの新人研修プログラムへの資料請求・問合せ

新入社員がコンプライアンスを率先垂範するようになる教え方

「法令遵守」と説明されることが多いコンプライアンス。 新入社員教育においても法律や規則、 ルールを守ることの重要性を訴えるパターンを、よくお見受けします。 しかし、そのようにコンプライアンスを「法令遵守」とだけ教えていると、 「法令に違反していなければいいんでしょ」という捉え方をされかねません。 最悪なのは「バレなければ大丈夫」などと考え出す社員が現れることです。 企業に対する社会的責任(CSR)の重要性が高まる昨今、 そんな事態は何としても避けたいところです。
では、どのような新人教育を行えばよいのでしょうか。

まずコンプライアンスを3つのレベルに分ける

企業活動においては、法令に違反していなくても、 顧客から問題視される行為が存在します。 むしろルールとして明文化されているわけではないにも関わらず、 社会的制裁を受けるケースは増える一方です。 従って新入社員へのコンプライアンス教育においては、 法の定めがない行為であっても、企業内、業界内での決まり事に反するなら、 行うべきではないことを、理解してもらう必要があります。
そこでまず、コンプライアンスには次の3つのレベルがあることを教えましょう。
最も難しいのはレベル3です。明文化されたルールを守るわけではないため、 本人の倫理観が問われるからです。そして企業の「倫理観」とは、 そんな社員一人ひとりの「倫理観」が結集したものと言えます。 社員がしっかりした倫理観を持てば、 企業もしっかりした倫理観が備わった組織体になれるのです。

後ろめたさVS 晴れやかさ

会社勤めが長くなればなるほど、コンプライアンス違反の誘惑も増えてくるものです。 幹部社員が「組織を守るために」と粉飾決算や偽装工作といった不正行為に手を染めるのは、 その典型と言えるでしょう。
そんな事態を防ぐためにも、まだ社会に出て間もない新入社員のうちから、 「法令、組織内のルールともに明確な定めはないが、 社会から認められないような行為は慎む」コンプライアンスのレベル3について、 しっかりと落とし込むべきです。

具体的な方法としては、コンプライアンス違反かどうか判断に悩む行為を並べ、○か×か答えてもらった上で、次は×の行為が、3つのレベルのうちどれに違反しているのかも考えていく、といったワークショップは効果があります。 何が問題なのか整理することで、明文化されたルールのないレベル3も、 コンプライアンスであると意識するようになるからです。
このようにして「法令に違反していなければいいんでしょ」という、 コンプライアンス違反の発端になる考えは、元から絶っておくことをお勧めします。

また現場においては、想定外のクレームやトラブルが発生し、 対応で個々人の判断が問われることも珍しくありません。 そこでものをいうのが、迷うことなく的確な判断を下すための「価値基準」です。 ある企業では「その行動は、家族が見ても後ろめたさはありませんか」という 文言を刻んだカードを社員に配り、迷ったら思い出すようにしています。 「家族」のためにという表現から、後ろめたさを感じるような判断は慎み、 晴れやかな気持ちで働いて欲しいという、会社の「価値基準」が伝わってきます。

社員のモチベーションを考えたコンプライアンス

「法令遵守」 や 「ルール強化」といった決まり事の徹底という面が、 クローズアップされがちなコンプライアンスですが、ただひたすら締め付けるだけでは、 コストと業務負荷ばかりかさみ、きりがありません。 場合によってはモチベーションが下がり逆効果になります。
大切なのは社員一人ひとりが自分の仕事、会社、仲間に誇りを持てる、 あるいはお客様を大事にしたいといった、晴れやかな気持ちで働ける環境を、 できる限り整えてあげることです。 そうすることで、正しく誠実に行動しモラルに反することはしない、 健やかな社員に育ってくれることでしょう。